【衝撃】目を青くしようと眼球にアレを入れた結果→失明状態になりかける… | Buzzふぃっしゅ

【衝撃】目を青くしようと眼球にアレを入れた結果→失明状態になりかける…

恐怖
スポンサーリンク

【海外発!Breaking News】眼球に青いタトゥーを入れた24歳、3週間失明状態に(豪)

引用:livedoor news

ニューサウスウェールズ州セントラル・コースト在住のアンバー・ルークさん(Amber Luke、24)は、15歳の時に重度の鬱病と診断された。

アンバーさんが初めてタトゥーを入れたのは16歳の時で、当時について「施術後に負のエネルギーが解放されるのを感じたの。それからよ。タトゥーの魅力に取りつかれてしまったのは…」と明かす。

そんなアンバーさんは自らを‟ブルー・アイズ・ホワイト・ドラゴン(Blue Eyes White Dragon)”と呼び、Instagramに変身を遂げる自分の姿を投稿している。その名の通り、トルコ石のように鮮やかな目が印象的なアンバーさんだが、目のタトゥーは今までで最も危険で辛い経験だったようで、『Barcroft TV』にてこのように語っている。

「これまでで一番過酷な施術が眼球のタトゥーよ。インクが眼球に注入された時の痛みを言葉で言い表すのは難しいけど、まるで10片のガラスの破片を目に入れられて、上からこすられているような激痛だった。注射器で片目毎に4回インクが注入されたの。酷い痛みだったわ。それに施術をしたタトゥーアーティストは、眼球の深いところにまでインクを入れてしまって、その後3週間も目が見えない状態だったの。施術が成功していれば、失明状態になどならないはずなのにね。」

 

次ページから、Twitterの反応です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました